つみき

不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう

家処分は任意売却

女の人

住宅ローンの支払いが不能になった場合、通常は裁判所の競売で処理されます。競売はすぐに処理できるメリットがありますが、安価での入札になるので価格的にはメリットがありません。任意売却なら金銭的に高く売ることができるので、引越し代などのお金を捻出することができます。

More...

話し合いは重要

住宅模型

不動産を紹介してもらい購入する場合、仲介業者に対して費用を支払う必要があります。不動産売買を時は、取り引きする不動産の数と形態を把握することが大切です。また、仲介手数料を含めた話し合いをしっかり行うことがトラブル回避に繋がります。

More...

申請が必要

家と家族

木材利用ポイントは木造住宅を新築、増築したりすることで貰うことができます。木材利用ポイントは様々なものと交換でき、復興事業へ寄付することも可能です。ポイントを利用する場合、申請などの各種手続きを行う必要があります。

More...

ポイント交換

模型を持つ人

住宅エコポイントの交換先の選択肢

吉祥寺での住宅エコポイントの交換先は、寄付という選択肢もありますが、多様な金券類が利用されやすいものとなります。しかし、金券への交換の場合、例えば10万円分の金券に100,500ポイント必要である、といった具合に手数料的な端数のポイント消化が発生ししてしまうケースがあります。この形で住宅エコポイントを金券に交換しようとすると、手数料として消化してしまうポイントのほかに、更に僅かながら端数として残ってしまうポイントが発生してしまい、その分のポイントは活用できずに終わってしまうことになります。ですので、吉祥寺で住宅エコポイントを交換する際は、この手数料や消化できない端数のポイントを最小限に留められるように工夫をしないと、一部のポイントを無駄にしてしまうということを注意しておく必要があります。

ポイントを無駄にしない交換先

住宅エコポイントを無駄にしない交換先として、注文住宅を建築中の場合や、時間のかかる不動産のリフォームを進行中の場合などで有効なのが、建築や不動産のリフォームを行うハウスメーカー、住宅設備メーカーなどへの支払いの一部として住宅エコポイントを充てる方法があります。この方法であれば、手数料分や端数で活用できずに終わるポイントを発生させることなく住宅エコポイントを消化することができます。仮に建築やリフォームのコストをすべて自己資金で支払う予定だった場合、住宅エコポイント分の現金がそのまま残るわけですから、別のものを購入するための資金にすることもできますし、その際は金券の手数料も端数も出ないわけですから、効率的なポイントの消費の仕方と言えます。その上、手続きが面倒でな上に手元に届くまでの時間的な目途が立てにくい住宅エコポイントの発行手続きも代行してくれるケースが多いですので、手間も大きく軽減されます。住宅エコポイントはそもそも住宅関連の支払いに応じて発行されるわけですから、その支払いの一部として消化してしまうことこそが、一番効率的な使途と言えるのです。