家処分は任意売却|不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう
住宅模型

不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう

家処分は任意売却

女の人

任意売却をする事で得られるメリット

住宅ローンが支払不能になった場合は、銀行の申し立てにより通常は裁判所の競売で処理されます。競売になった場合は、銀行にとって、すぐに処理出来るメリットがありますが、価格的には、安い価格での入札になるので、価格的にはメリットがありません。住宅ローンが払えず、家を手放す人は、何もメリットがありません。任意売却であれば、通常の不動産の売買と同じ形式ですので、銀行より多少の時間の猶予をもらえれば、競売の価格より高く売れます。銀行側も任意売却の方が金銭的には高く売れるのでメリットがあります。売れた金額にもよりますが、引っ越す際には引っ越し代や家を借りる為の敷金程度のお金も捻出できます。住宅ローンが払えず家を処分する場合は任意売却がメリットあります。

住宅ローンが払えず家を処分する場合

以前は、住宅ローンが払えず家を処分する場合は、債権者である銀行主導の裁判所による競売がほとんどでしたが、現在は任意売却を利用する人がだいぶ増えている傾向にあります。早めに処分をきめれば、住宅ローンの滞納もほとんどしないで任意売却出来ます。その場合は、売却代金も相場で売れる可能性も大です。どうしても欲しい人が現れれば、相場以上で売れます。又裏技ではないのですが、売却する人の親族や子供さんに購入してもらい、家賃を支払い、引き続き住む事も可能です。このように任意売却は競売による入札で家を処分されるよりは多くのメリットがあります。住宅ローンの支払いに窮した場合は、任意売却を早めに積極的に考えて下さい。