申請が必要|不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう
住宅模型

不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう

申請が必要

家と家族

ポイントは商品等と交換できます

木材利用ポイントは木造住宅を新築、増築したり、床や天井、壁を木質化する工事を行ったりすると貰えるポイントです。また、木材製品や薪ストーブ、木質ペレットストーブを購入した時にも発行されます。貰えるポイント数は工事内容や購入製品によって違います。貯まった木材利用ポイントは様々なものと交換することができます。農林水産品や農山漁村における体験型旅行、一般商品券、プリペイドカードなどがあります。また、森林つくり活動や復興事業への寄付として使用することも出来ます。ポイントを貰うためには必要条件があるので、事前に確認したほうが良いでしょう。また、ポイントを利用する場合は申請を行う必要があります。各種手続きなどの詳細や申請などは、木材利用ポイントのホームページから行うことができます。

木材の利用を増やす目的があります

もともと日本では古くから木材が様々な目的で利用されてきました。そのため植林なども盛んに行われ、農山部では人工林などを整備して守ってきました。しかし現在は、森林資源は増加しているにもかかわらず、木材の使用が減ったり、山林を手入れする人材が減ったりして、人工林などが整備されていない状態が広がっています。この状態は、土砂崩れを招いたり、二酸化炭素の吸収能力が減少したりする悪影響を及ぼします。また、農山村部の活力も低下させてしまいます。木材利用ポイントは地域の木材の利用を増やす目的があります。間伐材の利用を増やすことで、森の整備や保全がされ、ひいては地球温暖化や循環型社会の形成、農漁村地域の振興にも繋がります。木材利用ポイントを利用することは、利用者も商品などと交換でき、環境保全や農山村部の地域活性化にも貢献するという、誰にとっても良いことになるのです。