話し合いは重要|不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう
住宅模型

不動産の住宅ローンの支払いの雲行きが怪しい!|任意売却も考えよう

話し合いは重要

住宅模型

仲介手数料は取引の数で分けて考える

不動産を紹介してもらって購入するときには、紹介をしてくれた仲介業者に対して費用を支払わなくてはいけません。こうした費用のことを仲介手数料と言いますが、実は仲介手数料は不動産の数だけ計算に入れて支払わなくてはいけない性質があります。そのため、購入する不動産の数が少ないほど仲介手数料の金額は小さくなるのです。例えば、土地と建物をバラバラに買った場合は片方の仲介手数料だけを支払うことになります。土地だけを買った場合には土地の、建物を買ったときには建物の仲介手数料を計算します。こうした費用の計算はどこの不動産会社でも同じです。そのため、不動産の売買の時にはまず取引をする不動産の数とその形態を把握しておくことが大切です。

購入前に仲介手数料の話し合いをしておく

不動産を購入するときには、仲介手数料を含めた契約の話し合いをしておくことが大切です。仲介手数料の上限金額は、法律によってきちんと定義されています。一定以上の金額には絶対にできないため、まずはその点を確認しておくことが大事です。また、仲介手数料の支払いの割合の確認も必要です。不動産を購入した際に購入者がどの程度の手数料を支払わなくてはいけないのかを確認するのです。手数料に関しては、相手側の柔軟な対応によって小さくすることができます。元々購入者が支払わなくてはいけない義務はありませんので、この点に関しては納得のいく話し合いが必要です。工夫をすれば物件購入の費用を小さく出来ることを忘れてはいけません。